妊娠中、産後の腰痛、肩コリ改善 妊娠前よりも健康で美しい体を作りに、無痛で安全な骨盤調整

産後のむくみ|原因と対策

産後の女性の多くが抱える悩みの一つが「むくみ」です。
特に、出産直後には骨格への負担やホルモンバランスの急激な変化によって、むくみが起こりやすくなります。

産後のむくみには複数の原因が考えられますので、むやみな対処を行うのではなく、ちゃんと原因を知ったうえで、自分の体質や普段の生活習慣等も踏まえて、自分に合った正しい対処をすることが大事です。症状が強い場合や原因がわからない場合、早めに専門家に相談することをお勧めします。

このページでは産後にむくみが起こる主な原因や対処法をいくつかご紹介していますので、参考にしてみてください。

そもそも「むくみ」ってどういう状態?

「むくみ」とは、体内に余分な水分が溜まってしまっている状態のこと。静脈が詰まったりリンパ液の流れが滞ったりして、細胞と細胞の間に水分が溜まっていくとむくみが起こります。

むくみが起こりやすい場所は顔や手や足など様々ですが、産後はとくに下半身にむくみが起こるケースが多いようです。「妊娠前までは履けていたパンツが入らなくなった」などの悩みは、産後太りや骨盤の開きが原因の場合もありますが、脚全体がむくんでいることが原因の場合もあります。

産後のむくみが出やすい時期は?

産後にむくみが出やすい時期はには個人差があり、原因も様々。
出産による影響でむくみが出やすいピークは産後1~2日。その後は慢性的な問題が無ければ、時間と共にむくみもやわらいでいきます。

子育て中の食事や生活習慣、体の状態によって、長期的にむくみが起こり続けるケースもあります。

産後のむくみの原因

女性ホルモンの減少

出産から産後にかけて、「エストロゲン」「プロゲステロン」といった女性ホルモンが著しく減少します。これらのホルモンには体液調節の機能もあり、急激な変化によってむくみが生じやすくなります。症状が激しい人の中には、女性ホルモンの減少による反応で一時的に更年期のような状態を感じることもあります。

体内の血液、水分量の不足

妊娠中は赤ちゃんに栄養や酸素を送るために、血液量が1.5倍ほどに増加します。増えた血液は出産時には羊水や出血とともに体外へ排出されるため、体内の水分量が急激に減ることになります。そう結果、体が水分不足を感じ、体内に水分を溜め込むように働きます。ですので、逆説的ではありますが、水分が不足していることによってむくみが起こってしまうのです。母乳育児の場合、体内からより多くの水分が失われるので、むくみやすい傾向にあります。

骨盤内のリンパ損傷

出産時に産道を赤ちゃんの頭が通過していくときに、骨盤内に多く集まるリンパ節を圧迫しながら降りてくるため、リンパの流れが滞り足がむくんでしまう事があります。特に、分娩が長引いてリンパ節の圧迫が続いた時や、急速遂娩といって短時間で出産に至る場合に、赤ちゃんの中で一番大きい頭による骨盤内の圧迫がむくみを引き起こします。双子の出産時もより負荷がかかりやすく、産後のママの足のむくみは強くなります。

疲労や運動不足

産後に関わらず、疲労や運動不足はむくみの原因になります。
産後は赤ちゃんの世話でゆっくりと休む暇もなく、夜もぐっすりとは眠れないため、どうしても疲労が蓄積しがちです。また、子供が小さいうちの育児は授乳したり抱っこたりがほとんどで、運動不足にもなりがちです。 身体が固くなり腰や肩がこり、むくみによって重たくもなるため、ますます動くのが辛くなるという悪循環に陥ります。

自律神経の乱れ

出産時や産後のホルモン変化の影響や育児の疲労、睡眠不足などによって自律神経のバランスも崩れがちになります。自律神経の乱れは血液の流れや体内の水分調節機能にも影響し、むくみが起こる原因になります。

骨盤、骨格バランスの歪み

出産時は骨盤が大きく開き、靱帯や筋肉も緩むために筋肉や骨の格バランスは非常に不安定になります。もともとバランスが良く健康体であれば、2~3ヶ月無理をせず休んでいれば自然と骨盤も筋肉も正常な状態に回復します。
ただ、もともと姿勢が悪かったり身体が固かったり、歪み癖を持っていた場合は、出産時の負担が大きくなったり、正常に回復できないまま歪みが残ってしまう場合があります。最近は、仕事や家庭環境の影響で慢性的な問題を抱えている方の方が多いので、ほとんどの人は産後に放っておくと何かしらの問題を抱えやすい傾向にあります。

産後のむくみ対策、解消法

冒頭にも書いたように、産後のむくみの原因は様々なので、症状が大きい場合は産婦人科医や助産師等の専門家に相談するのが一番でしょう。

以下に、自分でできる対策をいくつか挙げておきますので、無理なくできることを様子を見ながら試してみてください。

休息をとる

まずは休息が大事です。休息によって疲労やストレスで崩れてしまった自律神経の働きを回復させることで、むくみの解消にもつながります。産後、子育て中はなかなかゆっくり休むのが難しいかもしれませんが、「サボれることはサボる」「夫や親に頼る」「子守や家事代行などのサービスを利用する」など、自分を休めるためにこだわりを手放したり、工夫をすることも必要です。

適度な運動を行う

適度に運動することでリンパの流れが良くなり、余分な水分の排出も促されます。出産直後は歩いたり激しい運動は避けるべきですが、時期を見ながら産褥体操や産後ヨガ、ピラティス等をするのがおススメです。

当院でお伝えしている「セルフ整体」にも産後からできるものがありますので、参考にしてやってみてください。 無料のメール講座で動画視聴ができます。

塩分(特に精製塩)の摂り過ぎに気を付ける

塩分を摂り過ぎると体は体内の塩分濃度を下げるために、水分を溜め込もうとします。この働きにより、むくみやすくなります。特に精製塩(食卓塩)を多くとると、血中のナトリウム濃度が上がり、むくみの原因になります。
ただし、減塩のし過ぎも体がバランスを崩す原因になります。精製されていない自然塩だとバランスよくミネラルが含まれているため、同じ量を摂った場合でも塩分(ナトリウム)過剰にはなりにくいので、できるだけ自然な塩を選んで摂るようにしましょう。

カリウムを摂取する

カリウムには体内に含まれる塩分を尿や汗として排出する作用があります。カリウムを多く含む食品としては、納豆やほうれん草、パセリ、アボカドなどの野菜や、こんぶ、ひじき、わかめなどの海藻類が挙げられます。
杜仲茶(とちゅうちゃ)、ハトムギ茶、ドクダミ茶、柿の葉茶などのお茶はノンカフェインでカリウムも含まれているので、授乳中でむくみが気になる方にもおすすめの飲み物です。

足を高くして横になる

特に脚のむくみがひどい場合は、足を高くして横になることで、下半身の血流がよくなり、むくみが和らぐことがあります。クッションや丸めたタオル等を足の下に置き、足を床から10~15cm上げた状態にしてみてください。
イスやソファに乗せる方法もありますが、足を高くしすぎると、股関節付近の静脈が圧迫され血流を妨げてしまう場合があるので、やってみてリラックスできる程度の高さに調整しましょう。

足湯をする

浴槽や洗面器にお湯を入れて足首から下を温め、血流を促進します。お湯が冷めないように足し湯や追い炊きをしながら、足がの皮膚が赤くなるくらいまで(20~30分)付けておきます。その間は腰や上半身も冷やさないようにして、終了後は速やかに水分をふき取りましょう。

マッサージをする

脚を揉み解すことでリンパの流れを良くし、体名に溜まった老廃物と共に水分の派出を促します。足湯と合わせて行うことでより効果が得られます。
ただし、痛いほどの強いマッサージは産後のデリケートな体には負担になりますので、優しく揉みほぐす程度にしましょう。

着圧ソックス等を使う

むくみを解消する目的で作られた着圧ソックスは、履いているだけでいいので、気軽にできるむくみ対策です。対症療法ではありますが、どうしてもむくみが辛い時は一時的にこういったものを利用するのも良いでしょう。

慢性的なむくみには整体が有効!?

出産直後や1~2週間以内に急にむくみがひどくなった場合は、産婦人科や助産師等に相談するのが良いでしょう。

下記に挙げたような慢性的なむくみに対しては整体施術で身体や神経バランスを整えることで改善できる確率が高いです。

✅産後1か月以上経ってもむくみが取れない

✅産婦人科や助産院では原因がわからないむくみ

✅妊娠前からむくみがちだった

特に、元々むくみがちだった方にとっては、産後の骨盤調整や全身の筋肉骨格バランスを整えることで、「むくみにくい身体作り」に取り組むチャンスでもあります。

産後のむくみを整体で解消する

産後のむくみは、骨盤や骨格、筋肉バランスを整えることで軽減することができます。

産後のむくみに対する整体施術の流れ

問診・検査

むくみが起こった時期や経緯、その他の身体の症状等もお聞きし、実際に体の状態も細かく検査することで、総合的な判断のもと、原因や解決策を見立てていきます。

筋肉、筋膜、骨格バランスの調整

体の状態に応じて必要な施術を適宜行います。同じ産後であっても、むくみの症状であっても、原因は人それぞれです。
「むくんでいる部分を揉み解す」といった対症療法ではなく、むくみの原因になっている筋肉や筋膜の緊張、骨格バランスの歪みを、できるだけ体に負担のかからない方法で整えます。

自律神経の調整

産後のむくみに悩む方の多くは、慢性的な疲労やストレスを蓄積しているケースが多いです。自律神経に働きかける施術、ヒーリングを組み合わせることで心身をリラックスさせ、むくみやその他の症状の改善を促します。

生活習慣緒の改善、セルフケアのアドバイス

むくみを含む産後の不調の多くは、日常の中で何気なくやっている習慣が原因になっています。 産後、子育て中の忙しさや生活スタイルを考慮した習慣改善緒アドバイスやセルフケアの方法もお伝えします。

産後のむくみにお悩みの方は、産後のお悩みを専門に扱う当院にご相談ください!
このページを見てご予約いただいた方へ
当院へのアクセス
東京都文京区春日1-12-6-303(後楽園駅徒歩5分)「富坂上」信号前
詳しい道順はこちら
Googleマップで見る

【完全予約制】「ホームページを見て」と、お電話ください TEL 080-9817-4121 9:00~21:00(不定休/土日祝日OK!)

LINEでお問合せ/ご予約

友だち追加
●LINE限定「割引クーポン」
●「セルフ整体動画」視聴
●悩みとセルフケアの無料相談
  • facebook
PAGETOP
Copyright © マタニティ&産後整体アルボル All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.