A.M様 30代女性 産後3ヶ月~ 腰痛 膝痛 猫背 呑気症

A.Mさんは、助産院での産後骨盤リセット教室に参加されたのがきっかけで、産後整体を受けに来られました。
その時に特に気になっていたのは膝の痛みでした。
その他に、学生の頃から時々腰痛に悩まされていたことや、疲れが溜まった時に呑気症(お腹が張りげっぷが出そうになる症状)が出ることが気になっていました。

もともと甲状腺の異常があり、ホルモンバランスが乱れやすいためにストレスや疲労がたまると、色々な不調が出やすいようでした。

姿勢の崩れから股関節の可動異常が起き、立っているだけでも膝に負担がかかっている状態でしたので、操体法で全身のバランスと可動域の調整を行いました。

同時に、イネイト活性療法による胃や腎臓等の内臓調整、甲状腺と自律神経の調整を行っていきましたが、5回目くらいの来院時には疲れにくくなり、呑気症の症状も出なくなったと仰っていました。

膝痛は、施術後には軽くなるのですが、まだ普段抱っこを長時間していると再び痛くなってしまうようでした。

日々の子育てで体への負担やストレスが多く、寝不足等もあるため、どうしても痛みを感じたりバランスを崩してしま合うことはあるようでしたが。月に2回ほどの通院とセルフケアを継続され、姿勢の改善され、膝や腰の痛みも出にくくなったこと、以前よりも疲れにくく、回復も早くなったことを実感されていました。

最初は「治してもらう」という意識で来られたようですが、体が変化していく過程で、自分自身の意識や生活スタイルが大事なのだということに少しずつ気付いてくれたようです。

体質的に、家族の中にもリウマチの方がいたり、橋本病のような症状があるため、遺伝やもともとの体質のせいでバランスを崩しやすいのではないかと思うとお話しされていました。

確かに、バランスを崩しやすい体質であるとは言えます。
ただ、それは決して弱いとか病弱だというわけではなく、無理やストレスをしているというサインが早く表れやすいだけという見方もできます。

自分の身体と丁寧に寄り添いながら生きることは、自分にとって心地良く、長く健康でいるために必要なことです。

私自身にもそういうところがあり、だからこそ毎日自分自身とていねいに向き合って自分らしい生き方のスタイルを追求している、というお話をすると少し安心したようで、A.Mさんの中にも自分の体としっかりと向き合おうという意識が芽生えたようです。

来院前に合った症状、悩み

膝の痛み 手が朝動かない 時々腰痛になる 疲れている時呑気症のような症状が出る

これまでの経緯

育児の影響が大きく、日々抱っこする時などに支障が出ていた
高校時代から時々腰痛に悩まされていたため、産後の骨盤の歪みによって腰痛が生じないか懸念していた。(まだ痛みは出ていなかったが心配だった)

当院の整体を受けた後の変化

足、肩が軽くなり、自分の体が動きやすくなったと感じた。
姿勢が良くなり、猫背が解消された。
何もない所で足がつまづいていたが、ほとんど無くなった。
体力的な回復が早くなったと感じる。
疲労時も呑気症のような症状が現れなくなった。

気持ちの変化

育児に対して不安が大きかったが、前向きになってきたと感じる。
体力的、精神的な面で少しだけ余裕ができた気がする。

実際の生活の中で変わったこと

自分自身の体の様子を注意深く観察するようになった。
今後の身体との向き合い方が少しわかった気がして、今後復職した際に大きなストレスをどう軽減してゆくか、道筋が見えた気がする。それは大きな安心材料となる。

※個人の感想であり効果を保証するもんではありません

→その他の患者様の声はこちら

妊娠中、産後の整体・骨盤調整をご希望の方へ

当院では、産後1ヶ月から産後整体(骨盤調整)を承っています。

☑産後、子育て中の腰痛や肩こり
☑妊娠前からの慢性症状
☑ダイエットや姿勢、体型の改善 
など、

産後の辛い症状を軽減したい方、妊娠前よりも健康できれいになりたい方は当院にご相談ください。

※施術を受けてみて満足されなかった場合は料金はいただきません。